女性

スポーツ整体になってアスリートをサポートしよう

日本の医療に貢献

男女

ひと昔前には死に直結していた病気でも、近年は簡単に治る病気があります。手術や抗がん剤の発展は目覚ましいですが、最も進化を遂げたのが放射線ではないでしょうか。かつての放射線治療と言えば、患部以外に当たってしまうことがあり、様々な副作用が出てしまうことがありました。しかし、医療技術の発展でピンポイントで照射が可能になりました。医療器機の発展はもちろんですが、診療放射線技師の育成も大きな要因ではないでしょうか。大学や専門学校で学部やコースが新設されて、優秀な診療放射線技師が多く育っています。早期に的確な診断がなされることで、医師や看護師も安心して治療が出来ているのではないでしょうか。良い連携が生まれています。

診療放射線技師の就職先としては、大学病院や個人の医院があります。最近は小さな医院でも、CTやMRIの設置が当たり前になっています。操作方法は複雑になっていますが、患者を待たせないように業務をこなす必要があります。また、造影剤を使用しながらの検査も増えています。心臓や脳の手術においては、危険と隣り合わせの作業になります。男性のイメージが強い診療放射線技師ですが、女性の割合も少しずつ増えているようです。パート勤務の求人も多いですし、結婚や出産を経ても社会復帰が出来る仕事と言えるのではないでしょうか。取り扱いの難しい放射線ですが、確かな知識と経験のある診療放射線技師がいれば安心です。これからも需要が高いですし、安定感も抜群ではないでしょうか。